明治40年7月26日(土)

印度騒憂とカルゾン卿 印度の騒動の原因は根が深い訳ではなく、確固とした態度を持って臨むならば極めて簡単な手段で見事に処理する事が出来る。

日本艦隊と日佛協約 佛国人は、日本の政策が思慮深い事及び極東における佛国の領土が今回の協約によって保障された事を認識している。

韓国委員の寝言 韓皇は仮令朕は殺されても汝らはその任務を続行し、5百年以来継続した韓国の独立を回復せよと訓告された

日本人排斥運動 バンクーバーの白人労働者間には、最近来着しようとする多数の日本人に対し、一大示威運動の計画がある。

印度騒憂とカルゾン卿 25日タイムス社発

前印度総督カルゾン卿は、ロンドンに於いて次の様な演説を行った。印度の騒動の原因は根が深い訳ではなく、確固とした態度を持って臨むならば極めて簡単な手段で見事に処理する事が出来る。

日本艦隊と日佛協約 同上

パリー来電―筑波及び千歳は去る水曜日ブレストに入港した。

佛国人は一般的に日佛協約を重要視しており、日本の政策が思慮深い事及び極東における佛国の領土が今回の協約によって保障された事を認識している。

韓国委員の寝言 25日上海経由ロイター社発

所謂韓国委員は、米国に向けサザンプトンを出発した。委員の一人ヨンはロイター通信員と会見し、米国に渡って大統領を訪問し、更に主要都市を巡回した後、韓皇が我々を派遣した使命の為に再び英国に帰ってくるであろう。韓皇は我々の出発前に既に、日本から遠からずして譲位を強いられる事を予知して、仮令朕は殺されても汝らはその任務を続行し、5百年以来継続した韓国の独立を回復せよと訓告された旨を明言し、尚又今回の譲位は日本が韓国の反逆人に金銭を与えた結果であると語った。

日本人排斥運動 24日桑港特派員発

バンクーバーの白人労働者間には、最近来着しようとする多数の日本人に対し、一大示威運動の計画がある。国会議員マグファーソン氏はカナダは白人国でなければならず、如何に高額を要しても日本人を排斥しなければならないとして、適切な手段を講じなければ、より過激な手段を取るであろうとの声明文をカナダ政府に打電した。