明治40年7月23日(水)

佛国と2年兵役 佛国のハーグリン大将は2年兵役法案を実施する事により起こる兵員の減少について、戦争となった時に責任を負う事ができないとして辞職した。

朝鮮問題論評 独逸諸新聞は、今回韓国に於いて日本が採った措置は当然の結果であり、韓国が発展する時期が今や来たと論評した。

佛国と2年兵役 22日上海経由ロイター社発

佛国のハーグリン大将は2年兵役法案を実施する事により起こる兵員の減少について、戦争となった時に責任を負う事ができないとして辞職した。

朝鮮問題論評 21日ベルリン特約通信社発

独逸諸新聞は、今回韓国に於いて日本が採った措置は当然の結果であり、韓国が発展する時期が今や来た。日本は既に韓国に於いて非常な成功を収め、韓国の国民はただ日本と運命を共にすべきのみであると論評した。