明治40年7月18日(金)

摩洛哥に於ける佛獨 「マタン」新聞は、あらゆる機会を利用して佛国に反対するタンジール駐在の独逸公使の態度を攻撃した。

米国実業家意識 米国に居る日本移民に対し、日本における米国人が現に受けている特権と同一の特権を受けさせるよう希望する。

又洋食店破壊 昨15日夜、又一日本人の洋食店が暴徒の為に表窓ガラスを割られ、同胞の要求に依り警察は多少の保護を行った

摩洛哥に於ける佛獨 16日タイムス社発

パリー来電―「マタン」新聞はモロッコの現状を論評した注目すべき社説に於いて、佛国の経済活動の成功と経済上の見地から見た、独逸外交の失敗とを対比し、あらゆる機会を利用して佛国に反対するタンジール駐在の独逸公使の態度を攻撃した。

米国実業家意識 16日桑港特派員発

米国商品取引所は次の決議を発表した。

日本移民に対し他の外国人と異なった差別的待遇を与えようとする如何なる移民条約にも賛成せず、又米国に居る日本移民に対し、日本における米国人が現に受けている特権と同一の特権を受けさせるよう希望する。更に日米両国の最も親密な貿易関係に至っては現在少しも障害が無い事を確信する。

この決議は大統領及び国務卿に送付される事になっている。

又洋食店破壊 同上

昨15日夜、又一日本人の洋食店が暴徒の為に表窓ガラスを割られ、同胞の要求に依り警察は多少の保護を行ったが、加害者はこれまで通りに逮捕されなかった。要するに官憲の保護が不十分である。