明治40年7月13日(日)

山本大将と米国新聞 大将は新聞記者の責任が重大である事を説き、今日の状況で、虚構の風説を無遠慮に記載する様な軽率さは米国新聞記者には無いであろうと、暗に米国新聞の軽挙を戒め

米国艦隊の航路 米国艦隊はマゼラン海峡から太平洋に回航し、帰航にはスエズを通過する予定である旨ニューヨークヘラルド紙は報道した。

日本人の権利保護 米国大統領は従来よりも一層確実に日本人の権利を保護するよう望むと言明した。

山本大将と米国新聞 11日紐育特派員発

山本大将の訪米は、時節柄非常に世間の注目を集めている。昨10日、各新聞記者が大将を旅館に訪問した際,大将は新聞記者の責任が重大である事を説き、今日の状況で、虚構の風説を無遠慮に記載する様な軽率さは米国新聞記者には無いであろうと、暗に米国新聞の軽挙を戒め、各新聞が大将の写真を求めた事に対し、貴君等が平和の為に働くならば私の写真を採っても構わないがそうでないならば御免を蒙ると述べ、一言一句米国新聞記者を大いに感服させた。

米国艦隊の航路 11日ベルリン特約通信社発

米国艦隊はマゼラン海峡から太平洋に回航し、帰航にはスエズを通過する予定である旨ニューヨークヘラルド紙は報道した。

解説:大西洋艦隊が太平洋に来る事が、対日海軍兵力の増強ではないかと大きな問題となっており、これによると大西洋艦隊は南アメリカの南端にあるマゼラン海峡を通過して太平洋に入るようである。

日本人の権利保護 同上

米国大統領は従来よりも一層確実に日本人の権利を保護するよう望むと言明した。