明治40年7月10日(木)

米国世論醒覚 多数の米国新聞は、人為的に醸成された危険な日米関係について、今や漸く気付き始めたように見える。

佛国内閣信任 激論沸騰の末、同院は大多数を以て、暴動兵をチェニスに移動させた政府の処置を是認した。

米国海軍拡張 太平洋沿岸の防備及び艦隊を予算の許す限り良好な状態に置くべき緊急な工事は、徐々に進行しつつある。

営業権問題趨勢 当市の法律顧問は、日本人の求人斡旋業免許拒絶事件に対する警務委員会の処置は専断に失したとし、且つ法律顧問の意見を徴したのではないと述べた。

非日本人法案否認 入国した日本人に25ドルの人頭税を賦課する法律案は英領コロンビア州議会を通過したが、カナダ政庁がこれを否認した。

米国世論醒覚 9日タイムス社発

ニューヨーク来電―多数の米国新聞は、人為的に醸成された危険な日米関係について、今や漸く気付き始めたように見える。ポスト新聞は、昨今民心を扇動中であるイエロペーパーの態度は、往年の米西戦争を誘発した手段を学んでいるとその戦略を素破抜いている。

佛国内閣信任 同上

パリー来電―代議院は1903年入営兵の期前除隊及び南部暴動兵は服役年限中、帰休させない事に関する法案について長時間討論した。激論沸騰の末、同院は大多数を以て、暴動兵をチェニスに移動させた政府の処置を是認した。

解説:南部フランスの暴動について、611日に報道されてから連日のように報道され、623日歩兵12連隊が脱走した記事、628日この部隊はアフリカのチェニスに移動させられた記事がある。今回の暴動兵とはこの12連隊についてである。

米国海軍拡張 8日上海経由ロイター社発

ワシントン来電―太平洋沿岸の防備及び艦隊を予算の許す限り良好な状態に置くべき緊急な工事は、徐々に進行しつつある。ワシントン州プゼット、サウンドには乾ドックを建設中であり、又マリースランド造船所は更に大戦闘艦を入れ得る様に、特別に力を尽くしてドックを浚渫する予定である。

営業権問題趨勢 8日桑港特派員発

当市の法律顧問は、日本人の求人斡旋業免許拒絶事件に対する警務委員会の処置は専断に失したとし、且つ法律顧問の意見を徴したのではないと述べた。又この事件は米国憲法補則第14条と矛盾したものであり、かっての大審院判決録18欵(かん)で支那人の洗濯業者某が営業権について、偏った取扱を受けたと訴訟を行った際原告に勝訴の判決を与えた事があり、その為今回の日本人求人斡旋業事件もこれと同一の判決を受けるに違いないと公言した。明後10日の警務委員会は、審議を翻して求人斡旋業を許すことになると委員の一人は語った。

解説71日の記事でこの問題が最初に報道されている。大審院判決録18欵(かん)とは、節の下で目の上の単位である。

非日本人法案否認 同上

入国した日本人に25ドルの人頭税を賦課する法律案は英領コロンビア州議会を通過したが、カナダ政庁がこれを否認した。