明治40年7月9日(水)

米国艦隊派遣反対論 ワールド新聞は、艦隊を太平洋に派遣する事に憤然と抗議し、日本に対する兵力示威運動と誤解されかねない

佛国海軍紊乱 佛国軍艦の椿事がほとんど絶え間なく起こり、近頃又数隻の戦艦に火災が発生し、民心は不安を感じている。

米国艦隊派遣反対論 8日タイムス社発

ニューヨーク来電―ニューヨークへラルドに届いたマニラ電報ニヨレバ、オロンガ、ライテの海軍基地に雇われた日本人は全て解雇されたと言われている。

ワールド新聞は、艦隊を太平洋に派遣する事に憤然と抗議し、日本に対する兵力示威運動と誤解されかねない措置を採るのは、大変な失策を招く恐れがあると論断している。

解説:7月7日以降関連記事がある。

佛国海軍紊乱 同上

パリー来電―佛国軍艦の椿事がほとんど絶え間なく起こり、近頃又数隻の戦艦に火災が発生し、民心は不安を感じている。半官報は頻りに民心を安堵させようと努力しているが、多数の新聞はこれらの椿事は監督不十分と政治上の影響による訓練の不足とに原因があるとしている。