明治40年7月7日(月)

米国戦闘艦隊派遣 海軍卿メットガーフ氏は、戦闘艦艇が冬季、太平洋に回航するであろうと公言した。しかし卿は、この事は軍事上の特別な意味がある訳でなく、只演習目的に過ぎないと明言した。

韓皇と例の使者 韓国皇帝は伊藤統監の質問に対し、ハーグに於ける韓国の委員と称する者については何も知らないと答えられた。

海軍卿の警告 海軍卿メットカーツ氏は、当地沿岸、特にサンフランシスコに於ける排日行動に関して、サンフランシスコ当局者が国家を戦争に導こうとしている事を責め

米国戦闘艦隊派遣 6日タイムス社発

ニューヨーク来電―海軍卿メットガーフ氏は、戦闘艦艇が冬季、太平洋に回航するであろうと公言した。しかし卿は、この事は軍事上の特別な意味がある訳でなく、只演習目的に過ぎないと明言した。艦隊は秋季の初めに出発し、初秋にサンフランシスコに到着の予定である。

イブニングポスト紙は、この艦隊の派遣に反対し、世界各国は、これは日本に対する威嚇と考えるであろうと論評した。

解説:明治37331日付英海軍の国会報告書に依れば、米国海軍の戦艦保有数は、英、露、独、仏、伊に次いで第6位であったが、明治40年には第2位となっている。

韓皇と例の使者 6日上海経由ロイター社発

京城の本社通信員の報道によれば、韓国皇帝は伊藤統監の質問に対し、ハーグに於ける韓国の委員と称する者については何も知らないと答えられた。又伊藤統監は、若し韓皇がこの様な陰謀に関係があるとするならば、これは日本に対する敵対行為に外ならず、これを制止しなければならないと明言したとの事である。

解説:ハーグ密使事件に対する統監の対応について報道された最初の記事である。韓皇はこの後退位する事になる。

海軍卿の警告 5日桑港特派員発

海軍卿メットカーツ氏は、当地沿岸、特にサンフランシスコに於ける排日行動に関して、サンフランシスコ当局者が国家を戦争に導こうとしている事を責め、求人斡旋業の免許を拒絶した事は明らかに日本人に対する偏見を示す行為であると述べ、同件は重大な国際的な紛争を引き起こす事にはならないと思うが、学校事件、洋食店事件等この種の不法行為が続発することは容易ならざる事であり、国際間の葛藤を生じる恐れがある事を心配すると、当市官憲の行動を激しく攻撃した。