明治40年7月4日(金)

米国海軍政策 大統領ルーズベルト氏の秘書官は、フィリピン並びにハワイに要塞を建設する計画があるとのヘラルド新聞の報道を否認し

日本人問題 日本人だけが他の外国人と異なり、求人斡旋業について不利益な取り扱いを受けているのみならず、

古着商営業不認可 従来から営業して来た日本人の古着商が、半期の営業許可証が終了した為に新たに免許を出願したところ免許を拒否した

米国海軍政策 3日タイムス社発

ニューヨーク来電―大統領ルーズベルト氏の秘書官は、米国地中海艦隊の一部を太平洋方面に移す計画があるとの風説及び米国海軍の根拠地として、フィリピン並びにハワイに要塞を建設する計画があるとのヘラルド新聞の報道を否認し、且つ海軍当局者は多分この様な措置を取ることに同意しないであろうと明言した。

日本人問題 同上

ニューヨーク来電―サンフランシスコ来電によれば、日本人だけが他の外国人と異なり、求人斡旋業について不利益な取り扱いを受けているのみならず、市役所の許可を要する他の業務を営む事についても妨害を受けているようである。

古着商営業不認可 2日サンフランシスコ特派員発
従来から営業して来た日本人の古着商が、半期の営業許可証が終了した為に新たに免許を出願したところ、市役所は求人斡旋業の不許可と同じ理由で、免許を拒否した。因みに市民でなければ営業できないのは、質屋、競売(せりうり)、その他4種の業種である