明治40年6月28日(土)

平和会議提案 英国は水雷使用制限説を平和会議に提案するであろうと思われる理由がある。これは

佛国暴動兵転営 南部佛国の暴動に加担した歩兵17連隊はチェニスに転営を命じられた。

清国外交案件 現在清国と列国との未決外交案件は北満税関問題、阿片問題、鴨緑江森林問題及び電信問題である。

平和会議提案(水雷と戦時禁制品) 27日タイムス社発

ハーグ来電―英国は水雷使用制限説を平和会議に提案するであろうと思われる理由がある。これは陸上の戦闘に於いて軍服を着用しない文官が戦闘に参加する事を禁止すると同じ理論に基づくものと認められる。

英国は戦時禁制品を廃止する案を提出した。

解説:この日、韓皇高宗が派遣した密使が日本に奪われた外交権取り戻す為の文書を日本を除く各国委員に送っている。

佛国暴動兵転営 26日ベルリン特約通信社発

南部佛国の暴動に加担した歩兵17連隊はチェニスに転営を命じられた。

解説:6月11日以降報道されている佛国南部の暴動に加わった第17連隊は現地出身の兵であった。

彼らをフランスの保護国であったチェニジアのチェニスに移動させた。

清国外交案件 27日北京特派員発

現在清国と列国との未決外交案件は北満税関問題、阿片問題、鴨緑江森林問題及び電信問題である。

阿片問題は是非とも早く解決したいと天津、上海等外人の目に触れ易い煙館は既に全部閉鎖し、租界内の禁煙励行を各国領事に促し、又阿片の内地栽培を制限し、輸入禁止を英国に迫ろうとし、現在頻りに奔走している。英国側では、内地栽培を禁止しない以上印度からの輸入を禁止する事は理屈に合わないと論じている。(阿片問題以外は略)

解説:阿片禁止問題について、57日、17日、22日、29日、31日に報道されており、623日には清国が阿片禁止令を出している。