明治40年2月24日(月)

日米移民談判 青木大使は昨日金曜日、国務卿ルート氏と会見し、移民制限に関して協議した。

吉林省開放問題 吉林将軍は、居留地以外(即ち吉林城内)に日本人その他外人の居住を禁止する旨の告示を行った。

日米移民談判 22日ワシントン特約通信員発

青木大使は昨日金曜日、国務卿ルート氏と会見し、移民制限に関して協議した。

主戦論を唱える日本人の勢力(?)が強大であれ美、日米協議は相当困難になるであろうと当地の某外交家は述べている。

吉林省開放問題 23日奉天特派員発

吉林将軍は、居留地以外(即ち吉林城内)に日本人その他外人の居住を禁止する旨の告示を行った。萩原総領事は、吉林も奉天と同じ様に全市を開放すべきであり、又居留地問題も日清露の協定を待つべきで、将軍が独断で決定すべきものではない旨を電報で抗議した。