明治39年12月9日(月)

桑港事件益々重大 完全にサンフランシスコの政治家(特に労働党)の連中が、好個の日本人問題を取り上げて、それによって人気を挽回しようとしていると述べている。

海豹密漁事件 今年の夏期、日本人は、合衆国の領海内に於いて、数千の海豹を捕獲した。

桑港事件益々重大 8日ロンドン特約通信員発

タイムス紙に届いたサンフランシスコ特電によると、同地の日本人排斥運動は、理由の無い人為的な不正行為であり、完全にサンフランシスコの政治家(特に労働党)の連中が、好個の日本人問題を取り上げて、それによって人気を挽回しようとしていると述べている。

サンフランシスコの市民は、現在、完全に思慮分別を失い、日本人は米国を危うくする者であり、この排斥運動を太平洋沿岸諸州に広めようと運動している。

海豹密漁事件 8日上海経由ロイター社発

ワシントン来電―プリビロフ群島に於ける日本人の海豹密漁事件を調査している調査員の報告によれば、今年の夏期、日本人は、合衆国の領海内に於いて、数千の海豹を捕獲した。その為に海豹は、以前数百万頭であったが、現在は18万頭と減少した。

解説:プリビロフ群島は、ベーリング海にあるアメリカ領の諸島であり、当時の日本では、アザラシ猟が盛んに行われ、皮と共に脂も灯火用として利用されていた。