明治39年10月12日(土)

独逸坑夫同盟罷工 10日上海経由ロイター社発

独逸の炭山地方に於ける坑夫の運動がますます盛んとなり、賃金の増加を要求し、全国工業の停止を計画しつつある。同盟罷工者は、英国の坑夫に訴えて、その援助を求めようとしている。

軽気球の成功 10日ベルリン特約通信社発

ツッペリン伯は、自由に操縦できる軽気球に乗り、2時間でスイスのボーデン湖を首尾よく一周した。

最北端まで開通 11日寛城子特派員発

日本が領有する最北端の駅(長春から約3里南方の孟家屯(もうかとん)にある)の架設工事が完成し、本日11日から一般列車の運転を開始した。清国の官民は、開通が意外と早く行われた事を歓喜した。また駅の本工事が完成した上は、連絡の利便を図るために、長春に通じる道路を修理する予定であり、この工事費は人民が負担する様である。