明治39年10月10日(木)

玖馬兵の乱暴 キューバの叛乱兵は、解隊後、ギネス及びチンザル地方に於いて乱暴を働く

独逸外相の墺伊行 独逸外務大臣は、休暇を利用して、両国に行こうとしている。

玖馬兵の乱暴 9日ワシントン特約通信員発

キューバの叛乱兵は、解隊後、ギネス及びチンザル地方に於いて乱暴を働く為、ファンストン将軍は、月曜日からその鎮圧に従事する予定である。

独逸外相の墺伊行 8日ベルリン特約通信員発

独逸外務大臣チルシュキー、ポエケンドルフ氏は、休暇を利用して、オーストリーとイタリア両国の政治家と私的な関係を温める為に、両国に行こうとしている。三国同盟の関係が良好なこの時期に、特別な深い意味があるわけではない。

解説8年後の1914年に独逸、オーストリー等の同盟国対イギリス、フランス等の連合国との間で第1次世界大戦が始まった。