明治39年10月9日(水)

新任の米国総領事 米国は只、綿布、小麦粉、石油等の商品を主として、雑貨の様なものは、日本の商人に任すのが適当と考えている。

新任の米国総領事(米国の満州貿易)8日奉天特派員発

本日、新任の米国総領事ストレート氏を訪問した。氏の談によれば、満州に於ける米国商品の売れ行きは、戦争前に一旦、長足の進歩をしたが、戦争の為一時止まってしまった。今日から又基礎を固めるつもりである。米国は只、綿布、小麦粉、石油等の商品を主として、雑貨の様なものは、日本の商人に任すのが適当と考えている。現在奉天に居る米国人は、唯一営口の保険代理店のみである。