明治39年9月29日(日)

露国総選挙 総選挙は、全露国を通じ、明年正月の祭日を通じて挙行される予定である。

最後通牒 米国国務卿代理タフト氏は、終に最後通牒を発して、

露国総選挙 28日ロンドン特約通信員発

露都来電―総選挙は、全露国を通じ、明年正月の祭日を通じて挙行される予定である。そして3月5日までには、議会の招集が行われるのではと期待されている。

最後通牒 28日上海経由ロイター社発

米国国務卿代理タフト氏は、終に最後通牒を発して、キューバ政府及び叛徒の双方とも、米国政府の提言に耳を傾けないのであれば、米国は、キューバに軍政を樹立するであろうと脅迫した。

キューバ政府は、タフト氏に係争事項の決定を一任し、急いで叛徒と妥協するであろうと信ずべき理由がある。