明治39年9月9日(月)

米国東洋貿易の減少 米国人は、東洋に対する貿易に於いて、米国の輸出量が減少している事を憂慮して、

土地回収談判 強硬な談判を行わせた所、相当な利権を与えるならば要求に応じてもよいとの事であった。

米国東洋貿易の減少 8日ロンドン特約通信員発

ニューヨーク来電―米国人は、東洋に対する貿易に於いて、米国の輸出量が減少している事を憂慮して、諸新聞は、政府に対してより一層、配慮ある政策を取る様に提言している。

土地回収談判 8日北京特派員発

黒竜江将軍から外務部への電報によれば、露人の為に占領された麥河(ばくが)近傍の土地は、しばしば還付を要求したが応じない為、更に劉道臺(りゅうどうたい)を派遣し、強硬な談判を行わせた所、相当な利権を与えるならば要求に応じてもよいとの事であった。現在露国委員ダニールと会って、ある利権と交換する条約草案を調整中である。