明治39年8月22日(木)

南米大地震 チリーの13の都市は、地震の為に破壊され、ロビンソンクルーソー島は消え去った。

土帝と希臘排斥運動 ブルガリアに於けるギリシャ人の排斥運動が非常に危険

南米大地震 21日上海経由ロイター社発

チリーの13の都市は、地震の為に破壊され、その他にも損害を受けた地域は数知れない。20万人の人が、その家を失い、ジュアンノルナンド島及びロビンソンクルーソー島は消え去った。マルチニック島にも地震があった。

解説:ロビンソンクルーソー島は、チリーから約670kmの沖合にあり、小説「ロビンソン、クルーソー」のモデルとなった島として知られている。

土帝と希臘排斥運動 同上

トルコ帝は、ブルガリアに於けるギリシャ人の排斥運動が非常に危険であると列国に、文書で注意を促した。

解説:ブルガリア王国は、1908年オスマン帝国の宗主権から自立した。