明治39年6月20日(木)

ユダヤ人の哀訴 露国議会の有力なユダヤ人は、ピエロスロツク事件は、ユダヤ人大虐殺の序幕であり、

南阿清人問題 自由派に属す一部の新聞は、南阿ランド鉱山に清国労働者を輸入する事を禁止し

ユダヤ人の哀訴 18日上海特派員発

露国議会の有力なユダヤ人は、ロンドンの新聞記者兼外交家ウオルフ氏に対して、ピエロスロツク事件は、ユダヤ人大虐殺の序幕であり、他国の干渉が無ければこれを防止する事が出来ない。我らは、義侠心のある全ての勢力に依頼すると電報を発した。

南阿清人問題 19日上海経由ロイター社発

自由派に属す一部の新聞は、南阿ランド鉱山に清国労働者を輸入する事を禁止し、既に同地に渡航した者は、速やかに退去させるべきとの要求に固執している。

デイリーニュースは、政府の事務官が政府の政策を遂行するのに躊躇するのを見て、いたずらにその政策を南阿の茶番劇にしているに過ぎないと明言した。