明治39年1月30日(火)

妖しき尼僧 爆弾等を懐にした二人の尼僧がアルスコエ、ヒロに於いて逮捕された

モロッコ会議形勢 モロッコ政府の委員は、モロッコがその税法改革を実行する能力が十分あると主張して、頑として譲らない

ウラジオの現状 反乱兵は今なお同地を占領している。コサック兵は反乱兵の命に従い、24日同地を去っている。

妖しき尼僧 30日ロンドン特約通信員発

爆弾等を懐にした二人の尼僧がアルスコエ、ヒロに於いて逮捕されたとの電報がピータスブルグから来た。

モロッコ会議形勢 同上

モロッコ政府の委員は、アルゲシラス会議に於いて、モロッコがその税法改革を実行する能力が十分あると主張して、頑として譲らないので、そのため同国の財政を監督しようとする提案の前途はやや困難である。

ウラジオの現状 29日上海特派員発

28日付ロイドへのウラジオからの来電によれば、反乱兵は今なお同地を占領している。コサック兵は反乱兵の命に従い、24日同地を去っている。

同地司令官は殺されているが、財産は今のところ破壊されるには至っていない。政府側で奪い返そうとすれば、又もや大騒動になると思われる信ずべき理由がある。