明治38年12月28日(木)

モククワの革命戦 本日モスクワの革命党員は、あたかも狂人の様な勢いで軍隊と戦った。

反乱は益々拡大 数千のリスアニヤ人ウイッテブスク州に攻め入り、リスアニヤ共和国の設立の意思を宣言した。

モククワの革命戦 26日ワシントン特約通信員発

(非常な惨状)(死傷者多数)

本日モスクワの革命党員は、あたかも狂人の様な勢いで軍隊と戦った。

市民は皆、屋外に出てはならないとの警告を受けた。

夜の7時になって市中の障害物及び駅は破壊された。

死者5千、負傷した者1万4千人

モククワの軍隊は、今のところ政府の命令を信奉している。

反乱は益々拡大 17日上海経由ロンドン特約通信員発

(リスアニヤ独立)

数千のリスアニヤ人(ポーランド人と同じく露国内の異人種であり、常に独立の意思がある)ウイッテブスク州に攻め入り、略奪や放火を繰り返し、リスアニヤ共和国の設立の意思を宣言した。