明治38年10月13日(金曜日)

モスクワ沈静 モスクワは沈静に向かい、同盟罷工は一部分治まりつつある。露国諸新聞の所信によればコサック兵と警察は野蛮で残虐な行為を控えつつある。

水交社の晩餐会 

海軍大臣は昨12日午後6時からノーエル大将一行の中の艦長及び主要将校を築地の水交社に招待し、晩餐会を催した

モスクワ沈静 12日上海経由ロンドン特約通信員発

モスクワは沈静に向かい、同盟罷工は一部分治まりつつある。露国諸新聞の所信によればコサック兵と警察は野蛮で残虐な行為を控えつつある。

水交社の晩餐会 

海軍大臣は昨12日午後6時からノーエル大将一行の中の艦長及び主要将校を築地の水交社に招待し、晩餐会を催した。席上先ず日英両国陛下の万歳を唱え、次に山本海相が歓迎の辞を述べ、日英新条約の締結に言及し、最後にノーエル大将の答辞があり、頗る盛会であった。出席者は主客で合計180余名であった。