明治38年8月20日(日曜日)

媾和特報 償金に関する商談は、完全に協定不調に陥ってしまった

露国は金銭の支払いを拒絶し、日本は熱心に之に固執する

媾和特報 18日ワシントン特約通信員発

償金に関する商談は、完全に協定不調に陥ってしまった。

露国は金銭の支払いを拒絶し、日本は熱心に之に固執する。

逃避した軍艦の引渡の件は未だ解決されていないようである。

談判は来月曜日(21日)をもって或いは破裂になるかもしれないと言われている。

露国側に於いては談判の前途に望みを持っていない。この際に於ける唯一の道は、日本が償金を譲り、露国が樺太の割譲を譲る外は無いとの声がある。

ロンドン、デーリーニュースは日本が償金の義務を免除するように勧告している。