明治38年8月7日(月曜日)

談判開始の劈頭 ウイッテは、談判開始の劈頭に必ず我が要求条件の全部を聞く事を求めるであろう

大統領と両国全権 大統領ルーズベルト氏は本日(五日)日本全権委員及び随員合計五名を謁見した

談判開始の劈頭 5日ポーツマス特派員発

ウイッテは、談判開始の劈頭に必ず我が要求条件の全部を聞く事を求めるであろうと彼らの随員は語った。彼らは我が要求は過大であると推測しているがその程度はどれほどであるか早くこれを聞きたいと思っている事はウイッテも語っている。故に開会の初めにこの事があれば談判の成否が決まるのは早くなるのではと思われる。

大統領と両国全権 5日ワシントン特約通信員発

大統領ルーズベルト氏は本日(五日)日本全権委員及び随員合計五名を謁見した。

彼らの米国到着が露国全権委員よりも早かった為であり、露国委員より三十分前に迎接したのである。

尤も大統領はその前日(四日)に一応形式的にウイッテを延見していた。