明治38年6月25日(日曜日)

日本軍制と印度 印度軍総指揮官キツチナー将軍は日本の制度に学べと結論した

極東総督府廃止 アレキセエフは極東総督府廃止の為、その地位を失い

南欧の騒乱 リワン地方(トルコ国境に近い所)に於いて、激しい騒乱が発生し

日本軍制と印度 23日ロンドン特約通信員発

印度軍総指揮官キツチナー将軍は印度軍の状況を非常に精密に論じた後、印度在住の当局者は日本の制度に学び、露国のそれに従ってはならないと結論した。

極東総督府廃止 同上

アレキセエフは極東総督府廃止の為、その地位を失い、新たに帝国参議院議員に任じられたが、これは当人の本望であろうと思われる。

南欧の騒乱 24日ベルリン特約通信員発

コーカサス、特にリワン地方(トルコ国境に近い所)に於いて、激しい騒乱が発生し、アルメニア人に対して暴行を加えつつあり。