明治38年5月8日(月曜日)

金子男爵の言明 日本がフィリピン群島を奪い取ろうとしているとの説を明白に否定した 

売艦説否定 アルゼンチン共和国政府は軍艦を露国に売却したとの報道を否定した

遭難船のその後(大阪) 船主への電報によれば船員10名は解放されて小谷石へ上陸した

金子男爵の言明 6日ロンドン特約通信員発

金子男爵は日本が米国の極東に於ける勢力を妬み、フィリピン群島を奪い取ろうとし、且つ米国の商業を妨害しているとの説を明白に否定した。日本は之に反してアジアの文明のために米国の支援を得る事を希望していると述べた。

売艦説否定 5日上海経由ロンドンルーター社発

アルゼンチン共和国政府は軍艦を露国に売却したとの報道を否定し、政府はこれを売却する希望を持っているが、戦争中にこれを引き渡すような事は決してしないと述べた。

遭難船のその後(大阪)

八幡丸の乗組員から船主への電報によれば、船員10名は解放されて小谷石へ上陸した。八幡丸を曳航するために現場に到達したが、既に船体の殆どが焼けつつあり、空しく引き返した。因みに同船は一昨年に建造され、2万円であった。