明治38年4月20日(水曜日)

ポーランド懐柔 露国政府はポーランド語を公用語として使用できるように調査中であると発表した

15日の敵艦隊 各種の情報を総合すると太平洋第2艦隊は、なおカムラン湾に停泊している

黒海艦隊の東航準備 近いうちに太平洋に向かう為に全艦隊を動員する準備を行うとの説がある

ポーランド懐柔 19日上海経由ロンドンルーター社発

ポーランド総督は同地方に露国のゼムストウオ同様な地方制度を創設する目的で

準備会議開催を命じた。又露国政府はポーランド語を公用語として使用できるように調査中であると発表した。

15日の敵艦隊 19日上海特派員発電

南方より来た各種の情報を総合すると露国太平洋第2艦隊が15日現在、なおカムラン湾に停泊しており、商船を臨検している事までは確認できたがその他は漠然として不明である。

黒海艦隊の東航準備 18日ロンドン特約通信員発電

セバストポールからの報道によれば演習中の黒海艦隊は帰港を命じられた。近いうちに太平洋に向かう為に全艦隊を動員する準備を行うとの説がある。