明治38年4月19日(火曜日)

ウイッテ失権 露帝はウイッテの委員会を解散して、政敵の委員会に引き継がせた

旅順の戦利品 (捕虜)総員41641

カムラン湾 佛領安南のカムラン湾は、安南で最も良港である

ウイッテ失権 18日ロンドン特約通信員発

露帝は1225日の勅令に基づき、ウイッテを議長として農民の待遇を改善する方策について調査中であったが、この委員会を解散して、その事務をウイッテの政敵である著名な頑固者が議長となっている他の委員会に引き継がせた。

旅順の戦利品 418日大本営

今般調査した結果は次のとおり。(捕虜)

総員41641人(将官 17名、佐官、尉官1439名、下士卒 4万百85名)

カムラン湾

露国太平洋艦隊の停泊地となった佛領安南のカムラン湾は、安南で最も良港であるとは言え商港ではない。その為住民も極めて少なく外国船が寄港する事も無いので同湾の奥深く投錨すれば人目を避けることができる。敵艦隊がもしここでウラジオストックに到着する為に必要な全てを準備中であるならば多少の日時が必要となるであろう。