明治38年4月9日(日曜日)

佛国とモロッコ 佛国は将来起こるあらゆる誤解に関して他国と協議することを厭わない

敵艦隊来る 39隻からなる露国艦隊がただ今カリモン岬に到達した

佛国とモロッコ 8日上海経由ロンドンルーター社発

佛国外務大臣デルカッセ氏は下院に於いて一語一句に注意を加えながら、次の様な説明を行った。佛国は友人としてモロッコに以前のとおり有益な忠言をする予定であるが、もとよりこのために他を害したいとは思わない。また佛国は将来起こるあらゆる誤解に関して他国と協議することを厭わない。

解説:本紙4月5日に関連記事「モロッコ問題」がある。

敵艦隊来る(いよいよシンガポールを通過) 8日シンガポール特約通信員発電

39隻からなる露国艦隊がただ今カリモン岬に到達した。

40隻の露国艦隊が東方に向け、当地沖を通過しつつあり。(同上)

露国第2バルチック艦隊の全部が本日午後3時に当地沖を通過した。(同上8日午後5時発)