明治38年3月26日(日曜日)

新外債成立 新公債3千万ポンドが間もなく発行される

対ポーランド政略 ポーランド総督は、ワルチャワに着任後、天主教教会の集会に出席した

新外債成立 24日ロンドン特約通信員発

ロンドン及びニューヨークに於いて、新公債3千万ポンド(3億円)が間もなく発行される予定であり、協定成立した利率は年4朱5厘、発行価格90であり、煙草専売益金を担保としている。

解説:日露戦争前の国家予算は約25千万円であった。

対ポーランド政略 25日ロンドン特約通信員発

ポーランド総督マリモビッチ将軍は、ワルチャワに着任後、直ちに1831年以来行ったことのない天主教教会の集会に出席し、神父を訪問して、秩序の回復に尽力するよう要請した。この友好的態度は、露国政府がポーランドの平和を熱心に維持したいと考える証と思われる。