明治38年1月5日(木曜日)

製図工募集広告 日給40銭以上2円まで

旅順陥落と英国 旅順の攻囲戦は好敵手の間に於ける驚嘆すべき価値ある戦いであった

旅順陥落と独逸 旅順の陥落はドイツにおいて日本に対する多数の同情者を生じた

製図工募集広告 横須賀海軍工廠

製図工45名 年齢16歳~45歳まで 日給40銭以上2円まで

解説:日給40銭以上2円は、現在の4000円以上2万円に相当すると思われる。

旅順陥落と英国 4日上海経由ロンドン特約通信員発電

スタンダード新聞:旅順の攻囲戦は結局双方とも対等な勇気、忍耐力と尽きることのない戦略を持つ好敵手の間に於ける驚嘆すべき価値ある戦いであった。

モーニングポスト:旅順要塞の占領は従軍記録に残る軍事上の最も美しい記念日の一つである。

デイリーテレグラフ:恐るべき犠牲を要求した攻撃はついに光栄を戦勝者にもたらすに至った。

旅順陥落と独逸 3日ベルリン特約通信社発電

旅順の陥落はドイツにおいて日本に対する多数の同情者を生じた。もっともステッセル将軍の勇敢な防禦もまた一般の賞賛を博している。

露国人の語る所によれば糧食、弾薬の欠乏により、遂に止むを得ず開城に至ったもので要塞内の戦闘員は僅かに3千人に過ぎなかったそうである。