明治37年12月24日(土曜日)

外交顧問契約 俸給月額の1千円を金貨800円としこの外に官舎費として百円を支給する

ハル事件買収 彼等は北海漁船群の中に水雷艇が居たとの4名の証言を得た

露帝と地方議会 議長の行為は無礼且つ無分別である。国家の政治問題はその所管外の事である

外交顧問契約 22日京城特派員発

スチーブンス氏を招聘する契約では、俸給月額の1千円の内、金貨で800円、この外に官舎費として百円を支給する事となり一両日中に調印されるはずである。

解説:韓国朝廷が招いた仏人顧問の俸給であり、当時中学校の先生の月給は数十円と言われており、大変な高給を支払っている。

ハル事件買収 23日上海経由ロンドンルーター社発

昨日の新聞にあった露国のスパイらしき者2名は実は英国の高級船員であった。彼等は露国の依頼により北海漁船群の中に水雷艇が居たとの4名の証言を得て、この証言をした漁師に露国領事の面前で署名させた事実を認めている。しかし露国のために漁師を買収した事は否認し、単に時間の損失に値する賠償をしたのみと述べている。

露帝と地方議会

露京発ウオルフ通信によればチェルゴツフ地方議会議長は12月19日種々の事件等に関する同議会の請願を露帝に電報したが露国官報によればこれに対して同帝は次のように答えた。

同議長の行為は無礼且つ無分別である。地方議会の権限は法律で定められており国家の政治問題はその所管外の事である。