明治37年11月18日(金曜日)

募集妨害策無効 日本の公債募集は大成功の内に終了した

地中の戦闘 工事は9月上旬に始まり先月末に完成し、その延長距離4千メートルである

スエズ運河とバルチック艦隊 輸送船が運河を通行する間、北行する一切の通行を停止する

募集妨害策無効 16日ロンドン特約通信員発

露国は日本が疲弊するまで戦争を継続すべきであると露国大使カシーニ伯は宣言したが、米国に於ける人気に何らの影響も与える事が出来ず、日本の公債募集は大成功の内に終了した。

地中の戦闘

我が前面の要塞である東鶏冠山の北側砲台下にある堡塁付近に於ける地下戦の概況は既に報道しているが我が青木支隊の一部は最早同山堡塁の大半を確実に占領し、敵はこれを取り返そうとしている。そのため地中戦はますます激烈となりつつある。

この工事は去る9月上旬に始まり先月末に完成し、その延長距離4千メートルである。この工事中の死傷者は300名に達する。

スエズ運河とバルチック艦隊 17日上海経由ロンドン ルーター社発電

スエズの知事はバルチック艦隊の輸送船が運河を通行する間、北行する一切の通行を停止する。又同艦隊の商船は運河通行中何者をも運河に棄ててはならない、また示威的な行為をしてはならないと命令した。