明治37年11月2日(水曜日)

艦隊東航継続 バルチック艦隊は糧食の積み込みを終わった後東航を継続 

敵艦タンジール発 露国駆逐艦5隻はタンジールを出発した

佛国に抗議する 我が政府が敵艦隊の給炭問題について佛国政府に抗議を提出した

艦隊東航継続 31日ベルリン特約通信員発電

バルチック艦隊は糧食の積み込みを終わった後東航を継続すると思われる。

敵艦タンジール発

露国駆逐艦5隻はタンジールを出発した。艦隊の残部はなお同港において石炭糧食を積み込み中である。

佛国に抗議する

ルーター電報によれば我が政府が敵艦隊の給炭問題についてスペイン政府に向かって同国駐在公使をへて中立規則に違反すると抗議を申し入れたが佛国政府に対しても同様の抗議を申し込むよう訓電したとのことであるが既に公使より同政府に抗議を提出したとの事である。