明治37年10月23日(日曜日)

清国商標登録規制 獨、佛は延期説を主張し、日米英は延期反対である

張総督と英チベット条約 英チベット条約の清国に与える影響は重大である

清国商標登録規制 22日北京特派員発

商標登録規制実施規則はいよいよ明日に決着するけれども露、獨、佛は延期説を主張し、独逸は1年、仏国は半年延期して修正を加えた上で実施すべきであるとの意見である。日米英は延期反対であり清国政府の希望通り明後日実施することに同意している。

張総督と英チベット条約 22日北京特派員発

英チベット条約の清国に与える影響は重大であり、若しこれを黙認する時はチベットにおける清国の権力は名実共に失われるので、政府は極力不当の要求を退けるべきであると張総督は打電してきた。

解説:本紙9月21日「英とチベットの新条約」に関連記事があり、清国の抗議はごまめの歯軋りのような感がある。「チベット」問題では6月16日以降10篇の関連記事がある。