明治37年9月29日(木曜日)

最近総攻撃の成績 21日にはクロパトキン砲台に援護された水源地を占領

第2軍と大輸送 敵はグリンベンベルグを第2満州軍司令官に任命した

最近総攻撃の成績 27日チーフ特派員発電

26日ダルニーを出発したジャンク(貨物用帆船)の情報によると、19日夜より20日にかけて砲兵は激烈に砲撃し、歩兵は勇敢に突撃して20日正午頃クロパトキン砲台と水師営南方の砲台6ッ箇所を陥れ、午後5時椅子山の西北西にある砲塁及びその付近全部を占領した。21日にはクロパトキン砲台に援護された水源地を占領し、椅子山の西の高地も占領した。

解説:19日から始まった4日間の戦いで幾つかの成果を上げる事が出来た。しかし203高地は一旦奪ったが取り返されてしまった。戦闘に参加した日本軍2万6000名の内死傷は4,800名にのぼった。(近代の歴史 人物往来社)

第2軍と大輸送 

敵はグリンベンベルグを第2満州軍司令官に任命した。この第2軍は第1、第8の両軍団と将に動員の噂のあるウクライナ並びにワルシャワの両軍管区より各1軍団を編成し合計4軍団をもって編成されるようである。