明治37年8月9日(火曜日)

英人の非自殺論 高度な近代文明に反し西洋人として驚くべきことがある

東京電車の祝勝電車 旅順陥落祝勝会の当日にイルミネーション電車を走らす予定

職工募集広告 日給の最高額は2円で、但し戦地に派遣の場合賃金は2倍半で食事を支給

英人の非自殺論 英国王立外科大学の同級生から海軍医務局長実吉安純氏に送られた

        手紙より

貴国民の間に行われる事で、私にとって奇異であり、高度な近代文明に反し西洋人として驚くべきことがある。即ち貴国の士官及び下士官兵が捕虜にならざるを得ない状況になると決然として自殺をする事である。貴国の輸送艦が沈没した時に起きたことがこれである。

今私は君を英国王立外科大学の一評議員としてまた優れた頭脳を持つ教養ある一個人として本当の勇気とはいかなるものか君に問いたい。

これに対し実吉男爵は

外人にとって当然のことであるが日本の武士道は、古来降伏をもって絶対の屈辱と考え勝にあらざれば即ち死をという格言を常に実行するもので他の自殺と同じように考えることは出来ないと語った。

東京電車の祝勝電車

東京電車鉄道会社では旅順陥落祝勝会の当日に祝意を表すため、イルミネーション電車を走らす予定で一昨日試験をしている。当日は5両の花電車に楽隊も同乗し、又一般乗客を乗せて終夜運転する予定である。

解説:官民とも旅順は明日にも陥落すると考えていたが、初めて経験する大量の機関銃を装備した近代的要塞に対する攻撃は困難を極め、実際は年を越す大変な戦いとなった。

職工募集広告

旋盤工60名、仕上工40名、組立工70名、焚火工20名、製缶工50名、銅工20

試験の上雇い入れるので志願者は本年830日までに当廠の職工募集掛けへ出頭せよ。

明治378月横須賀海軍工廠 

 年齢18歳以上45歳未満で賃金は経験による。

日給の最高額は2円で但し戦地に派遣の場合賃金は2倍半で食事を支給する。

解説:当時、横須賀海軍工廠は超一流企業であり、日給2円は、現在の価値で2万円に相当する。発明王豊田佐吉も見学に訪れたという