明治37年8月4日(木曜日)

クロパトキン報告 東方軍司令官ケルレル将軍は8月1日重傷を受け間もなく死亡した

所得税法 農工商に属する者はほとんど其の所得額を隠蔽している状況である

塩専売反対 塩田所有者の2、3を除き絶対反対の意を表している

クロパトキン報告 外務省着電

クロパトキン大将は8月1日付け電報で、日本軍が各方面共に活発に攻撃をしていることを述べ、且つ様子嶺の戦いにおいて、東方軍司令官であるケルレル将軍は8月1日、砲台において非常に激しい砲火の下に立ち戦闘を視察中、同日午後3時重傷を受け間もなく死亡したと述べた。

所得税法

所得税は理論的には大変公平な税制であるが、官吏その他一定の所得を有する者は比較的正直に税金を納めているが、農工商(地主や自営業)に属する者はほとんど其の所得額を隠蔽している状況である。

今やわが国の人口は4千数百万人で、世帯数八百万であり、一世帯あたり平均5人である。一家の所帯主が5人の家族を養い、中流の生活をする為には少なくとも1年に300円以上の所得が必要である。しかるに第三種所得税を納める者は僅か50万人に過ぎない。

塩専売反対

政府は戦費を得る新税として次の21議会に塩専売法案を提出しようとし、前期議会に提出した案に多少の修正を加えたものを経営者に示し予め覚悟を求めたが、塩田所有者の2、3を除き絶対反対の意を表している。