明治37年7月26日(火曜日)

英国船又拿捕 ロシア艦は紅海に於いて英国汽船アルドーバー号を拿捕した

房州沖の敵艦 今朝(25日)未明、房州沖に砲声らしきものを聞いた

英船撃沈される 英国汽船ナイトコマンダー号がロシア艦に捕獲され、撃沈させられた

アルゼンチン戦艦の売却 6隻の戦艦をロシアに売る話がある

英国船又拿捕(紅海) 25日ベルリン特約通信員発

ロシア艦は紅海に於いて英国汽船アルドーバー号を拿捕した。

ロシア外相ラムスドルフ伯は駐露英国大使に向かってロシアはその義勇艦隊に対し命令を出したがその命令は拿捕当時、丁度航行中であった義勇艦隊に届いていなかったためであると弁解した。

房州沖の敵艦 25日千葉通信員発

今朝(25日)未明、房州沖に砲声らしきものを聞いたと報告があり、又7時頃同沖にて帆前船がロシア艦に囲まれているのを見たといい更に勝浦にて10時頃ロシア艦3隻が東に航行するのが目撃されている。

英船撃沈される

英国汽船ナイトコマンダー号はニューヨークから上海を経て横浜に来る途中、一昨日の朝ロシア艦に捕獲され、撃沈させられた。乗組員中ヨーロッパ人はロシア艦に収容されウラジオストックに送られた。

解説:ロシア艦が7月22日以降、東京湾南方から相模湾、駿河湾南方を遊弋したため、汽船の運航は停止され、海上輸送は麻痺状態となっている。一方東郷連合艦隊は旅順のロシア艦隊と対決中で、また上村艦隊は大陸に兵を送る陸軍の海上輸送に必要な黄海や朝鮮海峡付近の制海権を確保しようとしており、手一杯であった。

アルゼンチン戦艦の売却 5月24日ベノスアイレス発

昨年12月下旬、2隻の新しい軍艦を迅速に密かに日本に譲渡したアルゼンチンの国名は殆どの国民が記憶していると思うがその国が6隻の戦艦をロシアに売る話があるとすれば以外に思うであろう。

そもそもアルゼンチンが軍艦を売却するようになったのは、長年の間、チリーとの間にあった国境問題がイギリスの仲裁で解決し、昨年5月平和条約が締結され軍備を縮小することになった。その為イタリー等に注文して建造中であった幾隻かの軍艦は使用の道を失い譲り渡す必要が生まれた。しかし大統領は厳正中立を守りロシアに売却をしないと言明した。