明治37年7月13日(水曜日)

チリー軍艦(長崎)神戸に向け出港した

時局と貧民の生活 一膳飯屋が軍隊の残飯の払下げを受け、その新鮮な物は貧民に売る

チリー軍艦(長崎

停泊中のチリー軍艦は今朝5時に神戸に向け出港した。

時局と貧民の生活

鮫ケ橋に一膳飯屋があり、軍隊及び士官学校等の残飯の払下げを受け、その新鮮な物は貧民に売り、やや古くなったものは乾飯とするか豚の餌とする。残飯の来た時は鈴を鳴らして隣近所に合図をし、一盛りのご飯2銭、味噌汁も又2銭でこれらは2人分の量である。煮魚も11銭又は2銭である。僅か数銭で飢えを癒す事ができる。

解説 1銭は現在の貨幣価値では約100円であり、煮魚は100円か200円になる。