2 韓国近代化の足跡

東京朝日新聞の記事から、韓国近代化に関する記事を紹介しており、主要記事については「政治」、「軍事治安」、「金融財政」、「商工業、農業、教育、通信、その他」に分けて期日、見出しを纏めています。

 

英国夫人イザべラ・バードは、李町末期の18941月から18973月にかけ、モンゴロイドの特性調査の一環として4度にわたる朝鮮旅行を行っている。その朝鮮紀行によれば

 改革

日本人が「改革」と呼ぶ新しい秩序は1894723日日本兵が景福宮を武力で占拠した時点から始まった。(474p

朝鮮人官僚界の態度は、日本の成功に関心を持つ少数の人々をのぞき、新しい体制にとってまったく不都合なもので、改革のひとつひとつが憤りの対象となった。官吏階級は改革で「搾取」や不正利得がもはやできなくなると見ており、ごまんといる役所の居候や取り巻きと共に、全員が私利私欲という最強の動機で結ばれ,改革には積極的にせよ消極的にせよ反対していた。

このように堕落しきった朝鮮の官僚制度の浄化に日本は着手したのであるが、これは困難きわまりなかった。(342p

 

沿海州の朝鮮人

朝鮮半島の不潔で荒れた貧しい村々とは異なり、この定住地の家々は同じ朝鮮家屋でも立派である。住居の多くは部屋数が4間か5間、ときには6間ある。朝鮮本国では高級官僚の家ですらめったに見られないような家具がふんだんにある。男たちの態度はわずかながらも確実に変わってきており、本国朝鮮人の特徴である猜疑心、怠情と慢心、目上への盲従は、きわめて全般的に、アジア的というよりイギリス的な自主性と男らしさに変わってきている。きびきびした動きも変化の一つで、両班の尊大な歩き方や農夫の覇気のないのらりくらりぶりに取ってかわっている。金を儲けるチャンスはいっぱいあり、儲けてもそれを搾り取る官僚や両班はいない。

朝鮮にいたとき、わたしは朝鮮人というのはくずのような民族でその状態は望みなしと考えていた。ところが沿海州でその考えを大いに修正しなければならなくなった。彼らは大半が飢饉から逃げだしてきた飢えた人々だった。そういった彼らの裕福さや品行の良さは、朝鮮本国においても真摯な行政と収入の保護さえあれば、人々は徐々にまっとうな人間となりうるのではないかという望みをわたしに抱かせる。(306p~307p)

ソウル

城内ソウルを描写するのは勘弁していただきたいところである。

北京を見るまでわたしはソウルこそこの世で一番不潔な町だと思っていたし、紹興(しゃおしん)へ行くまではソウルの悪臭こそこの世でいちばんひどい臭いだと考えていたのであるから!都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。路地の多くは荷牛と人間ならかろうじてすれちがえる程度の幅しかなく、おまけにその幅は家々から出た個体及び液体の汚物を受ける穴かみぞで狭められている。(59p)

写真は「きままに歴史資料集」から

1900年の京城
1900年の京城
南大門通り
南大門通り